施設について飼育方法アルパカ牧場の歴史動物取扱業の登録
那須アルパカ牧場の歴史
1999年 南米チリよりアルパカ200頭を飛行機をチャーターして空輸那須アルパカ牧場として那須に飼育施設を造る。
2000年 環境の変化やアルパカに対する獣医医療の技術、情報、薬などが乏しく病気の対応に工夫を重ねる
2001年 アメリカからめずらしい純血の
ミニュチュアホースを輸入
2004年 ダチョウを施設に入れる
2005年 オーストラリアのアルパカチームを招いて毛刈りを行う。アルパカ約400頭となる。
東京スピニングパーティに出展
2006年 ひとなつっこいアルパカ飼育を開始
毛洗いについて試行錯誤する
東京スピニングパーティに出展
2007年 ペルー大使館で行われた
“アルパカフェスタ”へ参加
アルパカの出身地南米ペルーの協力の元毛刈りチームを招き毛刈りを行う
東京スピニングパーティに出展
2008年 クラレのCMにはなこ出演。
アルパカの認知度が高まる
PostcardBook“アルパカLove”出版
東京スピニングパーティに出展
新潟県胎内市の障害者雇用施設「クラレ作業所」を訪問
2009年 はなこ写真集“もふもふはなこ”いろいろなアルパカを紹介するベーシックBook“スマイル☆アルパカ”出版
栃木県内の老人養護施設を訪問
“はなこ”がペルーの観光相と対面

池袋サンシャイン噴水広場で行われたTSUTAYAイベントの写真撮影会に参加
クラレのCMに2代目アルパカ“タラキー”が出演