[ このサイトの記事はPRを含む可能性があります ]

キャバクラ在籍

場内指名の取り方|指名が取れるキャバ嬢に共通するポイント

ども!夜職屋さんです(´・ω・`)

キャバクラで稼ぐ上で、お客さんをガッツリ掴んで、本指名や同伴などに繋げるための第1フックとなるのが「場内指名」です。

で、みんな場内指名を目先において接客してるかもだけど、その接客が空回りして場内が取れなかった・・・みたいな経験は誰しもがしたことあると思います。

場内指名を取るために意識して接客してるけど、思うように指名が取れない!

ってね。

ってなわけでこの記事では、

  • 場内指名を取りやすいキャバ嬢の特徴
  • 場内指名を本指名に繋げるためには?

って部分について、場内指名を取るためのコツをキャバクラ紹介人の僕が全力で書いていくぅ!

超基本的で簡単なことなので、落とし込んで意識してみてねっ

男の僕が接客術について熱く語っても説得力がないので、この記事は現役キャバ嬢の方に協力いただいて書いてます。

目次
  1. 場内指名と本指名の違い
  2. 場内指名が取れないキャバ嬢に多い原因
  3. 【場内指名の取り方・コツ】指名が取れるキャバ嬢に共通するポイント
  4. 場内指名を本指名に繋げる為のコツ
  5. 場内指名が本指名に繋がらないキャバ嬢の特徴と理由
  6. 場内指名と本指名はお給料にどう影響する?
  7. 場内指名の取り方・取るコツのまとめ

場内指名と本指名の違い

そもそも論なんだけど、もしかしたら場内指名と本指名って何が違うのって人もいるかもですよね。

まず先に、場内指名と本指名の違いからお話しましょう。

場内指名(B指名)

場内指名とは何なのか?

場内指名は「B指名」とも呼ばれ、フリーで来店したお客様が、目当てのキャバ嬢を見付けた時に指名することを指します。

名前の通り、店内でキャバ嬢を指名します。

ちなみに「フリー客」というのは、指名しているキャバ嬢がいないお客様のことです。

フリーで来店した場合、60分(ワンセット)で大体、2~3人のキャバ嬢が順番に着きます。

席に着いたキャバ嬢を指名すると「場内指名」になります。

本指名(A指名)

本指名というのは、お客様が来店する時に既に目当てのキャバ嬢が決まっていることを指します。

お店の入り口でボーイに「○○ちゃん指名で」といった感じで、お客様が言えばそれが本指名になります。

お店によっては本指名のことを「A指名」とも言いますね。

私が働いていたお店では、ほとんどのお店が「A指名」と呼んでました。

この本指名(A指名)の本数で、ランキングや時給が変動するお店がほとんどでしょう。

お店の入り口でキャバ嬢を指名すれば、ヘルプ以外のキャバ嬢は卓に着きません。

キャバ嬢にとって本指名は時給を左右する、とても大切なシステムです。

場内指名が取れないキャバ嬢に多い原因

場内指名を貰うことが重要なのは伝わったはず。

そして、そのために日々頑張ってるキャバ嬢も多いと思うんです。

で、まずはなぜ場内指名が取れないのか知っておくことも重要です。

場内指名を取れない理由は、大きく分けて次の2つ!

  1. どう頑張ってもお客様との相性が悪い
  2. その方にあった接客がしっかりとできていない

それぞれ詳しく紹介しますっ

①:どう頑張ってもお客様との相性が悪い

コレに関しては、もう人と人なのでどんなに頑張っても相性が悪いと指名には繋がりにくくなるっスよね。

だってさ、僕もお店に飲みに行くこともあるけど、別に不快な思いをしたりとかじゃないけど、なんとなく苦手なタイプだなぁと思うことはあるよ。うん。

容姿がどうこうじゃなくて、接客のスタイルとか話し方とかね(´・ω・`)

でも、お客様との相性を理由に場内が取れないという言い訳が通じるのは、新人~3・4ヶ月くらいの期間かなって思います。

やっぱりキャバクラって接客業だし、お客さんには料金が生じます。

お客さんとの相性が悪いことを理由に、お客さんが満足できませんでした!というのが続くようだとキャバクラで稼ぐのは厳しい!

っていうか、それってあまりにも指名が取れないようだと、相性が悪いってかそもそも別の部分に問題があると思うよ

②:その方にあった接客がしっかりとできていない

例えば、気づかないうちに、誰にでも同じような接客をしてしまっているケース!

数撃ちゃ当たる!という言葉のとおり、何人かに1人は場内を貰えるかもだけど、それなら確率を上げないと意味がないっスよね。

そもそも指名に繋げられなければ、フリーのテーブルにつける回数も減っちゃいます。

ってなると、下手な数すら打てなくなるっスからもう地獄(´⊙ω⊙`)

もし今の接客スタイルで指名が取れていない方は、お客さんは1人ひとりが違うワケだし、接客の仕方を根本的に見直す必要があります。

ってことで、以上を踏まえた上で、この先を読み進めて下ちぃ

【場内指名の取り方・コツ】指名が取れるキャバ嬢に共通するポイント

場内指名を取るためのポイントは、次の5つ!

ポイント

①誰にでも話を合わせられるトークができる
②同じような会話をしない
③ナチュラルなぶりっ子ができる
④空気を読むことができる
⑤身だしなみを整えている(清潔感がある)
⑥自分も楽しんでいるとお客さんに印象付けている
⑦指名交渉は明るくサラっと行う
⑧フリー客ほど力を入れている
⑨言葉遣いや礼儀などを気を付けている

それぞれ詳しく紹介しますっ

誰にでも話を合わせられるトークができる

っていっても、知識を溜め込めってんじゃワケじゃないっスよ。

知らないものを知っているフリをしろっていう意味じゃなくて、知らないことでも興味があるように傾聴することが重要!

もっと教えて!もっと聞きたい!

ってな姿勢を見せることによって、お客さんは「この子は俺に興味がある」と感じます。

なので「うんうん」と相槌を打つだけじゃなくて、

「それってこういう事ですか?」

「じゃはこれはこういう事ですね!」

みたいな合いの手を入れながらトークを進めるとGoodヽ(・∀・)

結局ね、大半の人は自分の武勇伝とか専門知識とか、興味ありそうに聞いてもらえると気持ちよくなっちゃうのよ。

そんなもんよ。

同じような会話をしない

場内指名がもらえるのは「フリーのお客様」です。

フリーでキャバクラに来店すると、ワンセットで大体2、3人のキャバ嬢が順番に着きます

この時、自分が何番目なのかを気にするのも大切。よかったら合わせて付け回しの優先順位についての記事も見てみてほしい。

お客様は1時間で「初めまして」を2、3回繰り返すわけですが、誰が付いても毎回同じ会話…だと他のキャバ嬢との差別化が図れません。

「初めまして~。どこから来たんですか?何歳?何してる人?」などの会話は、大体1人目のキャバ嬢と済ませちゃいます。

自分が2番目や3番目に着く場合は、違う会話をする事を心がけましょう。

ナチュラルなぶりっ子ができる

男性というものは、結局ぶりっ子にトキメイてしまう生き物なんス。

あぁ、僕ももちろんそんな生き物でございます。

例えそれが作られたものでも、1回会ったくらいじゃ分からない。(まんもすかなしい)

でも、だからといって、あからさまなぶりっ子はNG!

誰がどう見ても、

これは完全に作ってるわ~

っと思ってしまうレベルは逆効果まっしぐらです。

だから、やりすぎレベルに達しない程度にナチュラルなぶりっ子をしてみましょう。

ようは、ナチュラルさが大切だよね!

空気を読むことができる

場内指名に関わらず、キャバ嬢たるもの場の空気は読まないとやっていけません。

もしくは、空気を自分で作っていくのも良いですね!

会話のテンションはお客様に合わせて、ノリが良いお客様ならノリ良く、しっとりと飲みたいお客様なら大人っぽい感じなど、いくつも接客方法を持っておきましょう。

お客様に合わせて演技をする感じでいけば割と自然にできます。

女優になったつもりで「お客様の望む女性」を演じてみて下さい。

身だしなみを整えている(清潔感がある)

お客さんは、決して安くはない料金を支払ってキャバクラに来店します。

なんで普通の居酒屋でお酒を飲むより、キャバクラで飲む方が高いのかってのは考えなくても分かると思います。

綺麗な女の子と一緒に話しながらお酒が飲みたいからです。(切実)

そんな思いで、中には薄い財布から諭吉を捻出して来店してるのに、席に付いた子が女子力のカケラもないような身だしなみの子だと・・・そりゃ残&念ですよね。

僕だったら絶対指名なんかしないです(ぜったい)

目から見るサービス」という言葉があるように、身だしなみを整えることによって、さらに自分を磨きあげることできます。

  • 自分に1番似合っているドレス
  • 自分に1番映えるメイク
  • 自分に1番似合う髪型

などなど。

超極論、ルックスが良ければ接客しなくても場内は入ります。

お店に入ったら、まず1番可愛い子を探して、1度も会話してない子をすぐ場内入れる人もマジでいます(´・ω・`)

それくらい、キャバクラにおいてはルックス(身だしなみ)って重要です。

稼げるキャバ嬢は、顔の可愛さが云々はおいといて、みんな身だしなみは一流に綺麗です。

なので、接客云々じゃなくて、お客さんの視界に入るところ全てに気を付けてみようね。

自分も楽しんでいるとお客さんに印象付けている

相手に楽しんでほしいときには、まず自分が楽しむ(楽しんでいるように見せる)こと!

っといっても、どちらかと言えば苦行で、本心から楽しむことなんて不可能に近い可能性もあるので、あくまでフリでOKっス(´・ω・`)

まず、接客する立場として、アナタ自身が楽しそうにしていないと、お客さんも楽しむことができないです。

なんか盛り上がらない。感じ悪い。

みたいなイメージを持たれると、場内指名に繋げるのは難しいです。

普通に考えれば、お客さんはブスッとしてるより明るくて雰囲気がいい子と飲みたいに決まってるっスよね。

それに、楽しそうにしている姿をみせるという事は、お客さんに笑顔を向けているという事にもなります。

笑顔は印象を明るくしたり、好印象を抱かれやすいので大事なポイントヽ(・∀・)

当たり前で小さなところから気にしてみようね

指名交渉は明るくサラっと行う

キャバ嬢としては、指名交渉は必ず成功させたいもの。

最初の頃は指名交渉ってすごく難しいですよね。

タイミングも分からないし、なんて言えばいいのかも分からない…そんなキャバ嬢も多いのでは?

指名交渉をするタイミングで1番やりやすいのは、ボーイに名前を呼ばれた時ですね。

「呼ばれちゃったんだけど、もうちょっと一緒に飲んでもいい?」という風にお客様に聞くのが良いでしょう。

間違っても「指名して」という言葉は使わないようにした方が良いです。

指名という言葉をキャバ嬢が言うと、一気に「お仕事感」が出て嫌がるお客様が多いですね。

また、あまりしつこく交渉せずに、断られた場合も「楽しかったからまたフリーで来たら着かせてね♡」と言って潔く去りましょう。

1度断られても、お客様によって戻してもらえる可能性もありますし、次に来た時に指名してくれる可能性もありますからね。

フリー客ほど力を入れている

お店への貢献度や、お店にとって大事なキャストになるためには「本指名」の数を増やすことが大事です。

ですが、フリーで来たお客様に着けると、高い割合で場内指名を取ってくるキャバ嬢も、お店から大事にされるキャストになりやすいんです。

なぜなら場内指名の半分は本指名になって返ってくるから。

場内指名が取れるキャバ嬢=接客・仕事ができるキャバ嬢だと思われます。

また、店にとって外したくない大事なお客様や、店が掴みたいリッチなお客様の席なんかにも優先的に着けてくれる可能性もアリアリです。

店が協力してくれればお客様も掴みやすく、人気キャバ嬢も夢ではありません!

フリー客ほど、力を入れるべきだというのはそういうことです。

言葉遣いや礼儀などを気を付けている

場内指名を頂くお客さんという事は、大体の場合が初対面の事が多いとと思います。

接客慣れをしてしまうとついついタメ語になっちゃったり、しっかりとお礼や謝罪ができずに曖昧な態度を取ってしまいがちだけど、コレはマジでNG。

初対面の方でも、会話を積み重ねて仲良くなった場合は言葉を崩してもいい場合もあるかもだけど、基本的に初対面のお客様には敬語を使うようにしようね(´・ω・`)

また、どんなに仲良くなったとしても、礼儀はきっちりしておいた方がイイに決まってますヽ(・∀・)

「ありがとう」「ごめんなさい」が言えるだけで、印象が全然違うので注意して気を付けてみて下ちぃ。

ってなわけで、以上が場内指名の取れるキャバ嬢の基本的なポイント5つです。

で、ここまで書いておいてアレだけど、キャバクラの接客に正解ってないんスよね。

重要なのは、人それぞれ様々な特徴があり、基本のベースを守った上で自分らしい接客ができるかってところです。

ここで紹介したポイントは超基本中の基本なので、しっかり実践しながら、ぜひ自分の接客を仕事の後に振り返ってみて下さいっ

場内指名を本指名に繋げる為のコツ

せっかく場内指名を取ったからには、本指名に繋げたいっスよね。

だけど、お客さんの中には、

場内指名はするけど本指名の子は作らない!

みたいな人もいます。

そんなお客さんに出会った時に、ここで「ああそうか残念」と諦めてしまうのはとても勿体ないっス!

場内指名をしてくれたということは、少なからずアナタに興味を持ってくれた or アナタを気に入ってくれたという事になるんスよ。

なので、場内指名を頂いたお客さんには、どんなポリシーをお持ちの方であっても、100%の接客で本指名に繋げる努力をしようね。

で、具体的にどのようにして本指名に繋げていくのかってポイントは次の通りっヽ(・∀・)

ポイント

①営業メールはベストなタイミングを狙う
②営業メール(LINE)の内容に気を付ける
③メールの頻度に気を付ける
④次の約束をする
⑤色恋には持ち込まない
⑥基本の営業は欠かさずする
⑦お客様をすぐに切らない
⑧お客様に合わせた接客をする

それぞれ詳しく紹介しますっ

営業メールはベストなタイミングを狙う

お客さんが帰ってすぐにメールを送ってしまうと、タクシーや電車の中で見ることになるからメールが流れてしまうことがあります。

お客さんは、

あー帰ったら返信しよ

なんて思いながら帰宅して、風呂に入ったらそのまま即寝!そのまま爆睡っ!!

んで、そのまま忘れられてしまうことも・・・

なので、タイミングはしっかり考えましょうヽ(・∀・)

例えば、あえてお客さんが寝たであろう頃に1通ブチ込んでみたりってのもアリです。

大体の人は朝起きてメールの通知を見てメールを読むので、お店を出たばかりのタイミングに比べて返信率が上がったりします。

こういった感じに、自分ならこのタイミングなら返信するかも・・・みたいなのを考えながらメールを送ってみましょう!

営業メール(LINE)の内容に気を付ける

キャバ嬢にとって営業メールは必須だけど、お客さんにとっては、

うわっ!でたっ!また営業メールだよ

と思われてしまうこともあるある(´・ω・`)カナシィ

なので、本当は営業メールだけど営業メールっぽくないメールを送ることが大切!

例えば、

ねえねえ見てー!これがこの間話していたあれだよ~!

みたいな、ごく普通っぽいメールが◎

お客さんは、この近い距離感に「俺ってもしかして特別なのかな感」を抱いてくれます。

メールの頻度に気を付ける

営業メールは大事だけど、毎日メールを続けてしまうと、逆にお店に来てもらえなくなる可能性もあるんスよ。

アナタの存在があまりに身近になってしまうと、

わざわざお店に行かなくても会えるでしょ。

みたいな、盛大な勘違いを引き起こすお客さんもいます

なので多すぎず、少なすぎずの丁度いい頻度を保って、自分自身価値を下げないようにしようねヽ(・∀・)

ちなみに、この辺のメールテクニックは、キャバクラの営業メール (LINE)のコツをまとめた記事をみてね!

次の約束をする

次の約束をするのはすごく大事なことだけど、メールで約束をすると営業メール感が隠しにくいんスよね。

だから、できれば場内指名を貰った席で別れ際に約束をするのがベスト!

で、そんな口約束をお客さん本気には思ってないから、当日近くに軽くメールでジャブってみるのがオススメ。

いきなり「今日お店来れない?」と、事前に軽く口約束しておいてからの「今日、本当にくる?笑」ってメールするのじゃ営業感もバリ変わってきます。

ちなみに、当たり前だけど、この約束というのは「店外」ではなく「来店」の約束っスよ。

お客さんが「店外」を強く希望してくる場合は、ぜひとも同伴に持ち込みましょう(´・ω・`)

ただ、中には無料でアナタと外で会いたいと本気で思っている不届き者もいるので、最悪のリスクを覚悟した上で1度賭け同伴して、しっかりお客さんとしての質を見極めましょう!

賭け同伴の記事はこちら↓

掛け同伴とは?掛け同伴を成功させるコツまで解説

色恋には持ち込まない

お客さんに適度な期待をさせるのも仕事の範囲内だけど、お客さんがガッツリ色恋モードになってしまうと、来店率が下がる可能性があります。

お客としてではなく男としてみて欲しい!だから店にはいかない!

みたいな、ワケ分かんねーこと言い始めます。(マジ)

こうなると売上に繋がるどころか、大きなトラブルの元となるリスクもあるから、期待させすぎてしまった時はブレーキをかけてあげようねヽ(・∀・)

基本の営業は欠かさずする

場内指名を取れたということは、少なからずお客様には気に入られたということです。

入口はクリアした状態なので、後は本指名でリピートしてもらうだけ!

そのために大切なのが「営業」です。

  • お客様が帰った後すぐ連絡を入れる
  • 定期的に連絡をする
  • 定期的に電話で話す

この3つを意識して営業連絡をしましょう。

「営業連絡」といっても「お店に来て」や「同伴して」と言うのはNG

まずは何気ない日常会話から連絡を入れてみましょう。

お客様をすぐに切らない

基本的な営業がしっかり出来ていれば、お客様は本指名で来てくれます。

しかし、中には仕事が忙しかったり、たまにしか飲みに出ないお客様もいて、なかなか飲みに来てくれない人もいるでしょう。

だからといってすぐにお客様を切ってしまうのはやめておきましょう

どれだけ間が空いたとしても、来てくれる可能性は最後まで捨てずに営業しておいた方が良いです。

キャバ嬢は地道な営業努力が必要なのです。

お客様全員が太客でリピート率が高いわけではありません。

どれだけ細いお客様でもいてくれれば助かる時もあるのです。

来店頻度が低いお客様に毎日営業連絡をするのは割に合わないから、連絡頻度は調整してね!

お客様に合わせた接客をする

場内指名を取ると、初対面のお客様と話す時間が増えますよね。

この時に、お客様の理想の女性を見極めておきましょう

「どんなタイプの女性に弱いか」が分かると、営業も接客もスムーズですし、お客様の満足度を高めることもできます!

お客様のタイプに合わせて接客方法は変えてくださいね!

場内指名が本指名に繋がらないキャバ嬢の特徴と理由

キャバ嬢にとってはどちらも大事な指名ですが、売り上げに直結するのは「本指名」

キャバ嬢たちは、日々「本指名」を増やすために切磋琢磨しているのです。

大体が「場内指名」が「本指名」に繋がってお客様が増えて行く…という感じですが、

場内指名は取れるけど、本指名に繋がらない…

本指名に繋げる方法が分からない

場内指名は取れるのに本指名がなかなか返ってこないキャバ嬢って意外といるんですよね。

知らず知らず「場内指名が似合うキャバ嬢」になっていないか振り返ってみましょう!

指名料金に見合う接客が出来ていない

場内指名をすると、お客様には「指名料金」が発生します

お金を払ってでも、その場で指名してくれたということはアプローチは間違っていなかったはず。

しかし、場内指名をとれたことで気が緩んでしまうキャバ嬢も。

お金を払ってもらう以上、その金額に見合った接客ができないと「本指名」には繋がりません。

お客様に「高い」と思わせない接客方法をしましょう。

場内指名を取ることをゴールにしてしまっている

場内指名を取ることはお客様を増やすためにも大切なことです。

しかし、「場内指名」にこだわりすぎていないでしょうか?

あまり意気込むと、場内指名がゴールになってしまい、次に繋げる接客ができないかもしれません。

  • 場内指名で自分のことをさらけ出してしまう
  • お客様と仲良くなりすぎてしまう
  • 無理に場内指名を取ってしまい、お客様と気まずくなる

こういった接客をすると、お客様は「また指名して来よう」という気にはなりません

あくまでキャバ嬢として、自分を演出するのも忘れないでください。

営業が出来ていない・もしくは下手

場内指名がそこそこ取れているということは、お客様に対するアプローチは間違っていないと思います。

本指名に繋がらない大きな原因は「営業が下手」もしくは「ちゃんと出来ていない」からではないでしょうか。

営業が苦手なキャバ嬢って意外と多いんです。

「営業丸出し」な方法でお客様に嫌がられてしまうことも…。

本指名に繋げる上手な営業方法も解説するので、そちらも参考にしてくださいね。

場内指名と本指名はお給料にどう影響する?

指名があるかないかで、時給やランキングが変動します。

ですから指名はとにかく大事!

指名バックもありますから、稼ぎたいなら尚更指名を取りに行きましょう!

それぞれのバックの違いをお話します。

本指名(A指名)はお客様が払う「指名料」が2000円~

お店や地域によって違いますが、本指名なら大体2000円~3000円がお客様のセット料金にプラスされます。

そしてキャバ嬢に支払われるバックというと、本指名ならお客様の支払った料金の一部が給料にバックされることも!

お店によりますが、基本的に場内指名に比べて本指名を取る方がバックも大きく、店への貢献度も大きいと思われますね。

本指名を取れば取るほど、給料も店でのランクもアップするということです。

場内指名(B指名)はお客様が払う「指名料」は1000円~

場内指名の場合は、大体1000円~の指名料金がお客様のセット料金にプラスされます。

場内指名のバックは本指名と違い、指名料金の半額がキャバ嬢の給料にプラスされるところが多いですね。

お客様が払う場内指名の料金が1000円なら、キャバ嬢に500円返ってくる…といった感じ。

本指名に比べるとバックは少ないですが、ハッキリ言って場内指名を取れないキャバ嬢は本指名も取れません。

場内指名の取り方・取るコツのまとめ

こんなの知ってるよー!と思った方もいるかもだけど、コレらをただやるんじゃなくて、上手にやるのは意外と難しいハズ。

お客さんは、お店にただ飲みに来ているだけではなく、トキメキとかあわよくばワンチャンなどを期待して来店します。

なので、タイミングやかけ引きも重要なポイント!

しっかりと上手にやっているつもりでも、タイミングを間違えると水の泡・・・みたいなこともあり得るので、しっかりとタイミングは見計らいましょう。

フリー客の接客は短い時間ですから、いかに印象を残すかが大切。

「話していて楽しい」「癒される」「元気が出る」などなど、自分の長所を見付けてそこをアピールするのも良いですね!

また、ギャップを狙うなんていうのもアリですよ♪

見た目は「ザ・キャバ嬢」なのに、話すと意外と庶民的…なんて感じもウケが良かったりします。

接客技術やルールなど、難しいことは考えずにとにかく「楽しく会話をすること」を意識してください。

焦ることなく、自分のペースで基本的な営業ができていれば、遅かれ早かれお客様は返ってきてくれます

まだ一人でお店探しに消耗してるの?

このブログではずっと言ってるんだけど、求人サイトに依存しないお店選びを推奨してます。

「求人内容なんかに騙されないよ!!」っていう人ならいいんですが、かなり難しいかと…

だからこそ、紹介会社を通して働きたいお店を探してほしい。

昼職を探すときだって、ハローワークに相談に行くでしょ?

あれと一緒です。

夜のハローワーク

言うなればキャバクラの紹介会社は夜のハローワークです。

時給、条件、エリア…いろいろ働く希望の条件ってありますよね。

でもね、キャバクラって容姿による採用基準があるんです、でもその採用レベルは自分では判断できません。

希望条件を伝えるだけ!お店探しがとても楽になる

紹介者が相談にのってくれるから、容姿レベルのミスマッチもなくなり面接で落とされたりなんてこともなくなります。

嫌な思いもしなくて済むし、お店選びがとてもスムーズになります。

うちでお世話になってるキャバ専門の紹介会社が→JANELさん

とくに関東に関しては紹介実績No1で厚生省認可なので安心して頼ってもらって間違いありません。

→【店舗検索】働きたいお店を見つける

在籍ではなく派遣という働き方

実は意外と知らない人も多いんだけど、キャバクラにも派遣としての働き方が存在します。

これも昼職の日雇いと同じで、1日単発でOKな派遣キャバ嬢です。

体入荒らしするくらいなら、キャバクラ派遣するほうが全然いいのは言うまでもありません。

イメージするならお店が認めた体入荒らしがキャバクラ派遣です。

気軽かつ即金性が高い

なんといっても気軽に働けて、その日のうちに給料をうけとれるのは最強です。

・完全自由出勤
・いつでも全額日払い
・ノルマや罰金が一切ない
・連絡先交換が不要

在籍まではしたくない…でも定期的に全額日払いで稼ぎたいんです!って人はキャバクラ派遣との相性は抜群ですよ。

キャバクラ派遣で”超”おすすめなのが→Jewelsさん

盛ってるわけでもなく、現状とくに関東圏ではJewelsに登録していないと派遣ライフは始まりません。

\登録は完全無料です/

Jewelsに登録する

新しいお店探しの形。あなたとお店をマッチング

店舗と女性を直接マッチングするサービスが始まりました!

サービス名はRecta!

Rectaは、キャバクラ・ラウンジをお探しの女性に、厳しい審査を通過した優良店舗をご紹介するAIマッチングサービスです。

店舗から直接オファーを受信して、面接する店舗を自分で選ぶことで、高時給・好条件で働ける店舗を探すことができます

またあなたからお店にアプローチして、査定してもらう事も可能です。

このサービスを使えば、あなたにピッタリなお店が見つかり無駄な面接を省く事ができます。

LINEを利用するだけで利用料金は一切かかりません!まずはRectaを体験してみよう!

Rectaの登録はこちらより

Rectaに登録

-キャバクラ在籍
-,

© 2024 夜ログ|元路上スカウトマンのナイトワークブログ