[ このサイトの記事はPRを含む可能性があります ]

キャバクラ在籍

キャバクラのアフターとは?キャバ嬢からアフターに誘うことはあるの?

こんにちは!元キャバ嬢の矢沢サリーです。

キャバクラなどの夜職では「アフター」という残業のようなものがあります。

営業が終わった後に、お店に来てくれたお客とそのままどこか違うお店で飲みなおしたり、食事をしたりするのがアフター。

同伴が営業前なら、アフターは営業後に行う仕事です。

ただ、同伴と違うのはバックや時給が一切付かないこと!

キャバ嬢にとってはデメリットでは?と思うかもしれませんが、アフターを上手く使うことで、お客を長く繋ぎとめ、頻繁に足を運んでもらうことも可能なんです!

今回はキャバ嬢がアフターをするメリットや必要性を解説します♡

キャバクラのアフターをざっくりとまとめると・・

ポイント

営業後にお客さんと飲みなおしたり食事をすることがアフター

・バック、時給は出ないのでサービス残業のイメージ

・アフターの意味は次の来店に繋げること

・お酒の入ったお客さんとの2人の空間はトラブルになることもあるので、遠くのお店に行かないように注意する

・アフターはお客から誘われることが大半だけど、キャバ嬢から誘うこともある

・アフターに行くかどうかはキャバ嬢の自由なので基本的にはお店側はノータッチ

アフターは同伴とは違い、ポイントもバックも何もつきません。

しかし、キャバ嬢にはアフターを行うメリットも多く稼ぐキャバ嬢はアフターを上手に活用しますよ。

なぜならアフターは、指名数や同伴数を上げることに繋がり結局のところは自分のお給料に影響することを知ってるからですね。

では、アフターの全体的なイメージが掴めたところでより深堀してみていきましょう!

キャバクラのアフターとは?

まずはキャバクラのアフターについて詳しく解説します。

アフターをする際の注意点などもお話するので、参考にしてくださいね♪

キャバ嬢にとっては「サービス残業」のようなもの

先述の通り、アフターは同伴と違ってバックや時給が発生しません。

会社員でいうところの「サービス残業」のようなものです。

店外デートとはまた異なります。

とはいえ、アフター先での飲み代や食事代はお客が払ってくれるので、キャバ嬢がお金を出す必要はありません。

ただ、キャバ嬢によってはお店の「送り」(店が営業後、自宅まで送ってくれること)を断ってアフターに行く場合があるので、帰りのタクシー代などは自分で出さなければいけない時もあります。

遊び慣れたお客ならタクシー代なんていってチップをくれる人もいるんですけどね。

アフターに行くか行かないかはキャバ嬢の自由

同伴と違って、アフターにノルマはありませんし、行くも行かないもキャバ嬢の自由

つまり、アフターに関しては店はノータッチということ。

アフターでどんなトラブルが発生しても、基本的に店は関与しません。

こういったトラブルや、アフターで満足してお客がお店に来なくなることを避けるために、アフター自体を禁止しているお店もあります

特に禁止されていないお店なら、行くか行かないかはキャバ嬢の自由なので、信用できるお客や、これからも通ってほしいと思うお客のみアフターを許すようにすると良いでしょう。

アフターのルール

アフターをする際はできるだけ店から離れた場所に行かないようにするのが決まりです。

知らない場所や土地などでのアフターはキャバ嬢にとって危険ですし、繁華街など人の多いところでアフターをするのが普通です。

アフターで2人きりになりたがるようなお客とは、そもそもアフターに行かない方が良いですね。

  • お店でお金を遣ってくれる
  • 紳士的で信用できるお客である
  • 付き合いがそこそこ長く、よく通ってくれている

このようなお客とアフターに行くのが良いかと思います。

間違っても、昨日今日会ったばかりのお客、店では1時間しかいない(店でお金を遣わない)、などのお客とのアフターはメリットがないのでやめておきましょう

アフターと同伴の違い

同伴とアフターの違いをそれぞれの特徴から見てみましょう。

同伴の特徴

  • 出勤前にお客様と食事もしくは買い物など
  • 出勤時間にはお客様と一緒に店に入る
  • 同伴ポイントやバックが付く
  • +本指名ポイントやバックももらえる
  • お客様には同伴料がかかる

こちらが同伴の特徴です。同伴は出勤前なので時間制限もあります。

アフターの特徴

  • 仕事後にお客様と食事もしくは飲みに行く
  • 仕事後なので時間制限はない
  • ポイントやバックは付かない

特徴を見てみると、同伴とは全然違うことが分かりますね。

アフターは同伴と違って「〇時までに店に入らなければいけない」というのがありませんし、同伴代のように指名料に上乗せして支払うものもありません。

そのため、同伴よりもアフターをしたがるお客様の方が多いですね。

キャバクラのアフターの必要性とは?

キャバ嬢にとって、お給料が出ない、危険もあるかもしれないアフターですが、上手く使うことでお客を喜ばせたり、更に次の来店に繋げることもできます

人気キャバ嬢なら、誰しもアフターはしているもの。

自分の時間を削ってまでする必要はありませんが、しても良いと思えるお客なら積極的にアフターも使うべきです。

お客様は同伴よりもアフターに喜ぶ傾向がある

お客は営業前の同伴よりもアフターに行きたがる傾向が強いです。

「アフター狙い」で閉店前に来店するお客なんてのもいますね。

そんなお客はアフターで何を考えているのか分からないので行かない方が良いですが…。

本指名のお客で、何度か通ってくれている人ならたまにアフターに付き合ってあげるのも営業方法の一つ。

営業終了後のお店から離れた素のキャバ嬢を見たい…と思うお客が多いのかもしれません。

また、同伴は〇時までにお店に行かなきゃいけない、という時間縛りがありますが、アフターは基本的に無いので、ゆっくりキャバ嬢と飲めるのが嬉しいのかもしれないですね。

アフターではお客が満足するまで付き合う必要はありません。

適当に理由を付けて早々に切り上げても大丈夫ですよ。

見返りもちゃんとある

キャバ嬢にとって、アフターは給料が発生しない「サービス営業」ですが、営業は営業。

相手はお客なので、もちろんアフター中も接客モードです。

そもそもアフターをするのは「次の来店」に繋げるのが大きな目的です。

もう一押ししたい!と思うお客や、もう何回も通ってくれていて最近マンネリかも…といったお客にするのが効果的ですね。

「普段は絶対アフターしないんだけど、○○さんは特別」なんて、特別なお客だと思っていることをアピールすると良いでしょう。

大事にされて喜ばないお客はいません♪

アフターをすることで「大事なお客様だと思っている」フリをすることも出来ます。(笑)

キャバクラでアフターをするメリットとは?

最後に、キャバ嬢がアフターをするメリットを紹介したいと思います。

アフターは気を付けないといけないことも多いですが、そんなに難しく考えなくても大丈夫!

しょっちゅうアフターをする必要はありませんし、むしろ「ここぞ!」という時にだけアフターを使う方が効果的です♪

お客様と親睦を深めることができる

アフターを上手に使うキャバ嬢は、アフターを「お客との親睦会」と考えます

お店と違って時間を気にしなくていいので、思う存分営業ができると考えるとアフターは良い方法です。

お客の個人的な話や、キャバ嬢のプライベートな話などもできるので、お客と信頼関係を築きやすくなるのです。

お客がアフターでキャバ嬢に求めるのは「接客」ではなく「プライベートな時間」です。

本当のことを話す必要はありませんが、プライベート感を出してあげるのがアフターを成功させる秘訣ですね!

お客と長い付き合いをしていくためにも活用した方が良いでしょう。

次の来店に繋がる

夜のお店で飲み慣れているお客は、アフターがどういうものかを理解しています。

キャバ嬢にとって「得にはならない」ことを知っているお客も多いです。

ですから、アフターに付き合ってあげることで「損得勘定抜きで自分と付き合ってくれる」とお客に思わせることが可能なんです。

お客の気分を良くしてあげる、お客に夢を見せてあげるのは、キャバ嬢として当然のこと!

アフターをしたことで次の来店や同伴に繋がりやすくなり、お客が気分良く通ってくれる可能性も高まりますよ♪

アフターでフォローをすることも◎

キャバクラは指名制ですから、指名がかぶることも多々あります。

指名がかぶると、キャバ嬢は指名客の客席を行ったり来たりしなければなりません。

お客からすると、目当てのキャバ嬢と時間いっぱい話せずにつまらない…と思うでしょう。

よく来てくれるお客に「つまらない」と思われるのは避けたい事態です。

そんな時のフォローにもアフターを使うのはおすすめですね!

基本的にアフターはお客から誘われて付き合うことが多いですが、このような場合では

「今日はあまり席でお話できなかったし、良かったらアフターしない?」

とキャバ嬢から誘ってあげると更に効果的です。

お客からすれば「気にしてくれていた」ことも嬉しいでしょうし、他にも指名客がいる中で、自分だけがアフターに誘われた、という優越感を持たせることもできます

アフターならではのデメリット

アフターにはメリットもありますが、場合によってはデメリットも大きいのも事実です。

アフターをしない方が良い場合というのもかなりあるので、お客様によって見極める必要があります。

アフターのデメリットと注意点をチェックしましょう。

その日の収入につながらない

同伴と違って「バックやポイント」が付くわけではないので、その日の給料がアフターによって上下することはありません。

先述の通り、キャバ嬢からすればサービス残業なわけです。

ただし、アフターで太客のハートをガッチリ掴むことができれば、長い目で見て収入を上げることは可能です。

トラブルや身の危険がある可能性も

どんなに信頼できるお客様であったとしても、お酒が入った状態のお客様とのアフターには危険もあります

店では良いお客様でもアフターで2人になった瞬間、せっせと口説いてくる…なんてこともしょっちゅうです。

口説かれるくらいなら1人でも対処できますが、不意打ちで触られたり、キスをされたりしたキャバ嬢もいます。

こういったトラブルは店内であればボーイやスタッフが目を光らせてくれていますが、店の外で助けてくれるスタッフはいません。

危険やトラブルが起こる可能性があることを分かった上でお客様を選んでアフターをしましょう。

アフターをする際の注意点

デメリットにもあるように、店外でお客様と一緒にいるわけですから、自分の身は自分で守らなければいけません。

アフターをする際の注意点や気を付けるべきことを覚えておきましょう!

遠くのお店には行かない

アフターは閉店後なので遅い時間帯です。もちろん電車なんてありません。

そのため、遠くのお店に行こうと思ったらタクシーやお客様の車などでの移動になりますよね。

これは危険なのでやめておきましょう。

タクシーなら大丈夫と思うかもしれませんが、お客様とタクシー運転手がグルである可能性だってあります。

車に乗ってしまったらどこへ連れて行かれるか分からないので、どれだけ信頼しているお客様でもやめておいた方が賢明です。

アフターも仕事であることを忘れない

アフターではキャバ嬢も仕事終わりですから、ついつい気が抜けてしまうこともあります。

だからといってお店の愚痴や他のキャバ嬢の話、お客様のプライベートに踏み込むなどはNGです。

せっかくのアフターでお客様を逃してしまうことになりかねません。

相手はお客様であり、仕事の延長ですから十分配慮して「また会いたい」と思わせるようにしましょう。

無理して付き合わない

お客様からしつこく誘われて、しぶしぶ行く…くらいなら断った方が良いです。

どれだけ店でお金を遣ってくれていても、アフターはOKしたくないお客というのはいます。(笑)

そのお客様のことを信頼できていなかったり、危険を感じているからかもしれません。

「太客だし…」と仕方なく付いて行って実際にトラブルや危険な目に合ったりしないように、直感的に「嫌だな」と思うお客様は断った方が良いでしょう。

キャバ嬢からアフターに誘うことはある?

大体の場合、アフターはお客様から誘われることが多いですが、キャバ嬢から誘うことももちろんあります

キャバ嬢からアフターに誘うのは、特定の条件が揃った時が多いですね。

  • 指名被りでお客様の席に着いた時間が短かった
  • 出張客など久しぶりの来店だった
  • これからも通ってほしいお客

などなどの条件が揃った時、キャバ嬢から誘うことも多いです。

アフターの誘い方

キャバ嬢からアフターに誘うのってどうすればいいの?

アフターの誘い方でお悩みのキャバ嬢向けに、好感度がアップする誘い方を解説しちゃいます!

しつこく誘わない

お客様はキャバ嬢からアフターに誘われると喜ぶ人がほとんどです。

「アフター=プライベート」だと思っているお客様が多いので、特別な感じがして嬉しいんでしょうね。

ただし、しつこく誘ったり行きたいお店をゴリ押しするのはNGです。

「タダ飯が食べたいだけ」「違うお店に連れて行こうとしてる?」なんて思われやすいので注意しましょう。

誘う時は「今日時間ある?よかったらご飯食べて帰らない?」とサラっと誘ってみるのがおすすめ。

断られたら「じゃあまた今度行こうね」と言ってアッサリ引きましょう。

忙しいアピールをしつつ誘う

「暇だから行こう」という誘い方をするキャバ嬢もいますがこれはNGです。

お客様からすれば「忙しいキャバ嬢」の方が人気があり、魅力的に見えるもの。

昼職やお客様との付き合いで忙しいことはさりげなく普段からアピールしておきましょう。

お客様のために時間を空けた、というアピールができるとより好感を持ってもらえます。

具体的に誘う

「どっか行こう」と誘うのではなく「近くの○○っていうお店が美味しいらしいんだけど、友達や1人では行きにくいから連れて行ってほしい」など、具体的に行きたい場所を提案しておくのも◎。

行き先と目的がハッキリしていればお客様も安心しやすいです。

キャバ嬢からの誘いはお客様も「美人局」や「ぼったくり」などを警戒するので事前に行く場所を決めておくと良いですね。

キャバクラのアフターでよく行くお店

アフターでは行くべきお店のルールはありません。

店の近くであればどこへ行くのも基本的に自由です。

アフターでキャバ嬢がよく利用するお店を見てみましょう。

居酒屋

私の経験上、アフターで行く店で多かったのが「近くの居酒屋」です。

アフターに行きたがるお客様は「まだ飲み足りない!」「2人でゆっくり飲みたい」と思う人が多いので居酒屋はアフターにピッタリの場所ですね。

高級料理店

お客様によりますが、社会的地位の高いお客様とのアフターは高級割烹など高級店も多かったです。

落ち着いた雰囲気で美味しい食事を食べられるのでキャバ嬢も癒されます。(笑)

寿司屋

個人的にアフターで最も行ったお店が寿司屋でした。

飲んだ後にガッツリ食べたくなるお客様って多いんですよ。

お寿司ならヘルシーですし、アッサリ食べられてちょうどいいですよね。

ガールズバーや朝キャバ・パブなど

ガッツリ飲みたい!というお客様とはアフターで他店に行ったり、系列店がある場合は系列店にお邪魔したりすることもあります。

中にはアフターでお客様とホストクラブに行った…なんてキャバ嬢もいましたよ。

お客様が嫌でなければ、好きな場所に誘ってみるのも良いかもしれません。

キャバクラのアフターまとめ

アフターは、それ自体が直接お給料に影響することはありませんが、上手く利用することで指名数や同伴数を上げることは可能です。

アフターに行くか行かないかは、キャバ嬢が決めることなので無理をする必要はありません。

「ここぞ」という時に上手く使って、質の良いお客と長い付き合いができるキャバ嬢になりましょう!♡

まだ一人でお店探しに消耗してるの?

このブログではずっと言ってるんだけど、求人サイトに依存しないお店選びを推奨してます。

「求人内容なんかに騙されないよ!!」っていう人ならいいんですが、かなり難しいかと…

だからこそ、紹介会社を通して働きたいお店を探してほしい。

昼職を探すときだって、ハローワークに相談に行くでしょ?

あれと一緒です。

夜のハローワーク

言うなればキャバクラの紹介会社は夜のハローワークです。

時給、条件、エリア…いろいろ働く希望の条件ってありますよね。

でもね、キャバクラって容姿による採用基準があるんです、でもその採用レベルは自分では判断できません。

希望条件を伝えるだけ!お店探しがとても楽になる

紹介者が相談にのってくれるから、容姿レベルのミスマッチもなくなり面接で落とされたりなんてこともなくなります。

嫌な思いもしなくて済むし、お店選びがとてもスムーズになります。

うちでお世話になってるキャバ専門の紹介会社が→JANELさん

とくに関東に関しては紹介実績No1で厚生省認可なので安心して頼ってもらって間違いありません。

→【店舗検索】働きたいお店を見つける

在籍ではなく派遣という働き方

実は意外と知らない人も多いんだけど、キャバクラにも派遣としての働き方が存在します。

これも昼職の日雇いと同じで、1日単発でOKな派遣キャバ嬢です。

体入荒らしするくらいなら、キャバクラ派遣するほうが全然いいのは言うまでもありません。

イメージするならお店が認めた体入荒らしがキャバクラ派遣です。

気軽かつ即金性が高い

なんといっても気軽に働けて、その日のうちに給料をうけとれるのは最強です。

・完全自由出勤
・いつでも全額日払い
・ノルマや罰金が一切ない
・連絡先交換が不要

在籍まではしたくない…でも定期的に全額日払いで稼ぎたいんです!って人はキャバクラ派遣との相性は抜群ですよ。

キャバクラ派遣で”超”おすすめなのが→Jewelsさん

盛ってるわけでもなく、現状とくに関東圏ではJewelsに登録していないと派遣ライフは始まりません。

\登録は完全無料です/

Jewelsに登録する

新しいお店探しの形。あなたとお店をマッチング

店舗と女性を直接マッチングするサービスが始まりました!

サービス名はRecta!

Rectaは、キャバクラ・ラウンジをお探しの女性に、厳しい審査を通過した優良店舗をご紹介するAIマッチングサービスです。

店舗から直接オファーを受信して、面接する店舗を自分で選ぶことで、高時給・好条件で働ける店舗を探すことができます

またあなたからお店にアプローチして、査定してもらう事も可能です。

このサービスを使えば、あなたにピッタリなお店が見つかり無駄な面接を省く事ができます。

LINEを利用するだけで利用料金は一切かかりません!まずはRectaを体験してみよう!

Rectaの登録はこちらより

Rectaに登録

-キャバクラ在籍
-,

© 2024 夜ログ|元路上スカウトマンのナイトワークブログ